LINE公式アカウントはこちら

FXのポジション持ち越しとは?土日持ち越しの危険性を理解しよう

株式投資をやっている方にはおなじみかもしれませんが、FXにおいても「持ち越し」に対するリスクを理解することはとても重要となります。

今回はFXにおける「持ち越し」についてわかりやすく解説していきます。

FXの「持ち越し」とは?

FXの「持ち越し」とは?

FXで言う持ち越しというのは、外国為替市場が休みになる土日もポジションを持ち続けることを意味します。

FXにおける「持ち越し」
FXにおける「持ち越し」

FXでは毎週末の土日が相場がお休みとなり取引ができなくなります。

この市場が閉まっていて取引ができない状態でもポジションを持ち続けている状態が「持ち越し」です。

株式投資の場合は毎日市場が閉まるので日々持ち越しが発生しますが、FXは24時間取引をすることができるので持ち越しが発生するのは週末の土日のみということになります。

週をまたいでポジションを持ち続けることになる為「翌週持ち越し」なんて言われたりもします。

為替相場の取引終了時間と取引開始時間について

FX業者によって若干異なりますが、土曜日の午前6時~7時頃に為替市場は閉まり、翌週の月曜日朝7時頃から為替市場が開きます。

為替市場の取引時間について更に詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみて下さい。
FXの取引時間は?土日、祝日、年末年始等はどうなるの?

持ち越しの危険性

持ち越しの危険性

持ち越しは取引ができない状態でポジションを持ち続けることになるわけですから当然危険性もあります。

為替市場が閉まっていても指標は常に動き続ける

土曜日に為替市場が閉まった時の為替レートと、翌週の月曜日に為替市場が開いた時の為替レートが全く同じであれば危険性はないのですが、残念ながらそうはなりません。

土日の間も世界情勢などあらゆる指標は動き続けるので、為替レートは大きく変わってきます。

例えば、円を保有しているとして、土日に円の価値が確実に下がるような大事件が起きた場合でも、取引はできないので指をくわえて翌週の為替市場が開くのを待つしかありません。

月曜日に為替市場が開いた時には既に大量の売り注文がでている為、大きく値下がりした状態から始まり、損失が確定した状態からのスタートとなってしまうのです。

要するに、持ち越しをするということは「土日に何かが起きた時に対処することができない」ということです。

土日にリーマンショックのようなことが起こるかもしれないですし、どこかの銀行がいきなり破綻をするかもしれません。

そういった為替市場が一気に動くような事件が起きたとしても、損切りをすることすらできないのです。

持ち越しにはこのようなリスクを常に抱えているということを認識しておくことが必要です。

過去には週明けに「数百pipsの窓開け」で始まったことも

土日に為替市場に影響を与えるような何かが起こると、週明けに窓を開けてスタートすることもあります。

窓開けとは?

上記のチャートのように土曜日の終値と月曜日の始値に価格差が生じてチャートが窓を開けたように開いて始まること

上記の例はまだまだかわいいものですが、過去には週明けに数百pipsも窓を開けてスタートした事例もあります。

数百pipsも窓を開けるような事態が起きた時に、もし反対ポジションを持ち越ししていたら、週明けにいきなり数百pips分の大きな損失を被ることになるわけです。

もちろん数百pipsの窓を開けるようなことは滅多にありませんが、それでもその可能性は常に考慮しておく必要があります。

例えば、どこかでテロ事件、自然災害、事故などが起きて為替レートに大きな影響を与えることだってあります。

他にも、戦争が起こって為替レートに大きな影響を与えることもあると思います。

いずれにせよ、持ち越しをするということは、土日にこのようなことが起こった時に大きな損失を被ってしまう可能性があるということを認識しておく必要があります。

持ち越しのメリット

持ち越しのメリット

持ち越しに対する危険性ばかりを強調してきましたが、反対に持ち越しのメリットもあります。

週明けに大きな窓を開けてスタートしたとして、今までは反対ポジションを持っていた場合の危険性をお話してきましたが、単純に反対ポジションじゃなければ週明けに大きく利益が伸びている可能性もあるわけです。

要するに、持ち越しの危険性とメリットは表裏一体なんです。

大きく為替レートが動いた場合、自分にとって都合の良い方向へ動いてくれればそれだけ利益が増えるわけですから、持ち越しにはそういったメリットもあります。

なので、ある程度含み益があって資金に余裕のある時などはあえて持ち越しというリスクを取って利益を伸ばしていくのも有効な戦略と言えます。

ただし、「危険性>メリット」であることは間違いありません。

FXで大切なのはリスクの許容範囲をしっかり自分でコントロールすることなので、その点では持ち越しはリスクが不明確になりやすくリスクの許容範囲がコントロールできません。

なので、あまり大きな金額ではやるべきではありませんし、証拠金に余裕の無い時もやるべきではありません。

まとめ

最大のリスクヘッジはポジションを持ち越さないことです。ポジションさえ持っていなければ土日に大きな事件が起きてもノーダメージです。

それに、持ち越しをしなければ土日に何も考えなくて済むので精神衛生上も非常に健全です。

土日に余計な心配をしたくないという方は持ち越しをしないようにするのが手っ取り早いです。

それでもポジションを翌週に持ち越す場合は必ずリスクを想定しながら持ち越すようにしましょう。

年末年始のポジション持ち越しが危険な2つの理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。