Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FXのロットの意味とは?1ロットはいくら?1pips動くといくらの損益になる?

FXをやっていると「ロット」という言葉をよく目にすると思います。

ここではロットについて詳しく解説していきます。

ロット(lot)とは?

ロット(lot)とは?

ロットというのはズバリ「取引数量」のことです。

ロット=取引数量
ロット=取引数量

この画像で言うと下の「取引数量5万通貨」っていう所がロットです。

この場合は「5ロット」ということになります。

FXではこのロット数を調整することで、どのくらいの数の通貨を取引するのかを決めるということになります。

ちなみにロット(lot)というのは直訳すると「ひと口」という意味があります。

要するに「ひと口あたりの取引数量」という意味になります。

ロットの様々な呼び方

ロットは様々な呼び方をすることがあります。

  • 1ロット
  • 1枚
  • 1万通貨
  • 1レッグ

これらは全て同じ意味ですので、どの言葉を使っても問題ありません。

トレーダー

ドル円を5枚ショートした

みたいに使われます。

1ロットはいくら?

1ロットと言われてもいまいちいくら分の取引をしているのかピンとこないですよね。

1ロットがいくらなのかというと「1万通貨分」ということになります。

1万通貨というのは例えば米ドル/円であれば「1万ドル」ということになり、ユーロ/円であれば「1万ユーロ」ということになります。

要するに、1ロットがいくらになるのかは「取引する通貨ペア」と「その時点での為替レート」によって異なってくるということです。

例①:1ドル100円の時に米ドル/円を1ロット分取引をする場合

  • 1ロット=1万ドル
  • 1ドル=100円

なので「1ロット=(100円×1万)」となります。

つまりこの場合、1ロットの取引というのは日本円で100万円分の取引をしていることになります。

例②:1ユーロ120円の時にユーロ/円を1ロット分取引をする場合

  • 1ロット=1万ユーロ
  • 1ユーロ=120円

なので「1ロット=(120円×1万)」となります。

つまりこの場合、1ロットの取引というのは日本円で120万円分の取引をしていることになります。

1枚とか1ロットとかいうと、何だかたいしたことないような感じがしてしまいますが、実は100万円分の取引なんです。

結構な大金ですよね。

ただし、FXにはレバレッジという仕組みによって証拠金の25倍までの取引ができるので、実際に100万円を持っていなくてもわずか4万円あれば100万円分の取引が可能です。(4万円×25倍=100万円)

レバレッジについて詳しくはこちら

1ロットで1pips動いたらいくらの損益になる?

1ロットで1pips動いたらいくらの損益になる?

為替レートが変動した際のロット数による損益の違いは以下のようになります。

 1pipsの変動10pipsの変動100pipsの変動
1ロット100円1,000円10,000円
10ロット1,000円10,000円100,000円
100ロット10,000円100,000円1,000,000円

1ロットで取引をした場合は、1pipsの変動で100円、10pipsの変動で1,000円、100pipsの変動で10,000円の損益が発生するということになります。

ロット数を増やして10ロットで取引をすると、1pipsの変動で1,000円、10pipsの変動で10,000円、100pipsの変動で100,000円の損益が発生するということになります。

このように、ロットを増やせば増やすほど、為替レートの変動によって生じる損益も大きくなります。

100ロットで取引をすると、わずか1pips動いただけでも10,000円の損益が発生するということになるので、それだけハイリスクハイリターンになるということです。

わざわざ「ロット」という単位を使う理由

わざわざ「ロット」という単位を使う理由

仮に最低取引数量が「1万通貨から」というFX会社で取引をする場合は最低でも「10,000通貨分」の売買をしなければいけません。

最低でも10,000通貨分の取引をすることになるので、「0」の部分は省略しても差支えがないわけです。

もし省略せずにこのままの状態で取引すると、注文時に「150,000」とか「180,000」などと入力しなければいけません。

0を無駄に入力することが増えて、ミスも起こりやすくなります。

最低取引数量が10,000なのであれば、それを「1ロット」としてしまうことで、「15ロット」「18ロット」とわかりやすくすることができます。

ワンポイント

ロットは「10,000→1」のように「単位をまとめる」際に使われます

ロット数に上限はある?

ロット数に上限はある?

ほとんどのFX会社ではロット数に上限が設けられています。

主なFX会社のロット数の上限は以下のようになります。

SBI FXトレード

SBI FX

 

原則として1回におけるお取引上限は新規、決済ともに1000万通貨単位までとなるほか、1回の注文における決済対象建玉件数の上限は500件となります。 新規注文を発注する時点において、未約定の新規注文件数と建玉件数の合計件数が 2,000 件に達している場合、新規注文を受け付けません。

※ロスカット及び証拠金規制における強制決済に関してはこの限りではありません。

引用元:SBI FXトレード 取引上限

スプレッド
米ドル/円
1回の発注上限保有上限枚数
0.27銭
原則固定
1000万通貨2000件

FXプライムbyGMO

FXプライム byGMO

新規購入では1回の発注上限は200ロット、1日あたり10000ロットが上限となっています。

また、保有上限数に関しては顧客ごとに異なります。

スプレッド
米ドル/円
1回の発注上限保有上限枚数
0.6銭
原則固定
200万通貨顧客によって異なる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。