Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

相場の暴落・暴騰時におけるFX業者別スプレッドの開き方を比較してみた

為替相場が急激に動くと、FX業者のスプレッドも大きく開きます。

FX業者が急激な為替相場の変動時にスプレッドを広げる理由については『スプレッドとは?初心者が絶対知っておくべき全情報まとめ』の中で解説しているのでそちらも参考にしてみて下さい。

そんな大暴落、大暴騰時におけるFX業者ごとのスプレッドの開き方を実例を元に比較してみたいと思います。

2019年1月3日の急激な円相場の上昇時

2019年1月3日の急激な円相場の上昇時

2019年1月3日に、急激な円相場の上昇が起きました。

わずか5分の間に1ドル108円台後半から、一気に1ドル103円台まで急激に変動をしました。

2019年1月3日の米ドル/円1時間足チャート

ここまでの短時間での大変動は2009年以来となり、多くのトレーダー達が強制ロスカットをされるという事態になりました。

相場は一時パニックになり、その時の様子は『500pips以上の記録的円高でロスカットの嵐!悲痛なツイートまとめ』と『2019年1月3日の為替相場大暴落時の5ちゃんねるの様子』の記事でまとめております。

わずか数分の間で500pips以上も変動したことで、各FX業者のスプレッドも大きく開きました。

スプレッド200pips

中にはスプレッドが200pipsというFX業者も…

なかなかえげつないですね。

スプレッド106.6pips
ドル円のスプレッド163pips
ドル円のスプレッド62.3pips

一時的にほとんどのFX会社で軒並み100pipsを超えるようなスプレッドになりました。

こういった大暴落、大暴騰の時こそFX業者を見極めるチャンスでもあります。

ということで、この時のFX業者各社の最安値やスプレッドを比較してみます。

大暴落時の米ドル円のスプレッドランキング比較

大暴落時の米ドル円のスプレッドランキング比較

急激な円高ドル安に進んだわけですが、この大暴落時にFX業者ごとにつけたスプレッドランキングが以下のようになります。

売値と買値はこの暴落時につけた各FX業者の最安値です。

順位FX会社スプレッド
1SBI FXTRADE104.9751104.97780.27
2FXプライムbyGMO103.511
103.5372.6
3YJFX!104.837104.8774
4IG証券103.614103.6766.2
5GMOクリック証券105.857105.9378
6外為オンライン105.09105.3223
7DMM FX104.438104.88044.2
8外為どっとコム104.438105.20676.8
9楽天FX104.008
104.98297.4
10セントラル短資FX105.983106.983100
11ヒロセ通商104.297105.418112.1

注意点としては、SBI FXはこの大変動時でも0.27pipsと圧倒的ですが、これは1ロット以下の取引に限るものです。1ロット以上の取引時はこのスプレッドにはなりません。

また報告によると楽天FX、ヒロセ通商は一時スプレッドが200pipsまで開いたという話もありますので、瞬間最大風速はこのランキング通りではないかもしれません。

このランキングはあくまでも安値をつけた際のスプレッド目安です。

とは言え、こういった暴落時にはスプレッドが開きやすいFX業者や、安値を更新しやすいFX業者などがわかりやすいですね。

最安値にも差がある

スプレッドに差があるのはもちろんですが、この急落時につけた最安値にもFX業者ごとに差があるところにも注目です。

103円台までいったFX業者もあれば105円台でとどまったFX業者もありますね。

特にこのような暴落時はFX業者ごとに提示する為替レートも大きく違ってくるということです。

これは「A店でリンゴが100円で売っている」のに対して「B店ではリンゴが99円で売っている」ようなもので、為替は基本的に相対取引ですのでこのようにFX業者ごとに価格が異なってくるのです。

この最安値に関して言えば安ければいいかというとそういうわけでもありませんし、高ければいいかというとそういうわけでもありません。

売りポジションを持っているトレーダーからしたら、できるだけ最安値は安い方がいいですが、買いポジションを持っているトレーダーからしたら、最安値はできるだけ高いほうがいいですよね。

要はケースバイケースということです。

また、これはリアルタイムで確認できたわけではないので推測ですが、この大暴落時に最安値があまりにも高すぎるFX業者はおそらく一時的に注文がストップされ約定すらできなかった可能性があります。

逆に最安値が安いFX業者は約定率は高かったものと思われます。

実際、FXプライムはこの中では最安値を記録していますが、この大暴落時でも取引が止まることはなく約定率100%を維持していました。

ただ、他のFX業者と比較をしてあまりにもレートが乖離をしているようなFX業者はちょっと注意をした方が良いとは思います。

暴落、暴騰に強いFX業者

暴落・暴騰に強いFX業者

大暴落時にスプレッドが開きすぎていて思わぬロスカットを食らってしまった方や、今後このような大変動時にできるだけリスクを減らしたいという方は以下のFX業者で口座開設をしておくことをおすすめします。

いざという時にスプレッドが開きにくいFX業者を選んでおくのも大事なリスクヘッジの一つです。

SBI FX

SBI FX
1ロット以下のトレードなら今回の大暴落でもスプレッドがほとんど開かなかったSBI FXがおすすめです。

米ドル円のスプレッドは0.27銭と業界最狭水準です。

まずは1ロット以下の小額からトレードをはじめてみたいという方はSBI FXで口座を作っておいて損はありません。

1月3日フラッシュクラッシュ時
米ドル円スプレッド例
通常時
米ドル円スプレッド
0.27銭
※ただし1ロット以下に限る
0.27銭
※原則固定

FXプライムbyGMO

今回の大暴落時には103円台と全てのFX会社の中でも比較的安い値段をつけましたが、スプレッドに関して言えばトップクラスの狭さでした。

このような時にスプレッドが大きく開かないというのはトレードをしていく上ではかなりの強みです。それに加え約定力も高くスリッページもほとんどありません。

1月3日フラッシュクラッシュ時
米ドル円スプレッド例
通常時
米ドル円スプレッド
2.6銭0.6銭
※原則固定

YJFX!

今回のフラッシュクラッシュ時でも米ドル円のスプレッドは4と比較的狭く、為替レート自体も安すぎず高すぎずで、非常に安定したパフォーマンスを見せました。

通常時のスプレッドの狭さも考えると非常にバランスが良いと言えるおすすめのFX業者です。

1月3日フラッシュクラッシュ時
米ドル円スプレッド例
通常時
米ドル円スプレッド
4銭0.3銭
※原則固定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。