Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
当ブログ限定特典付き!XM口座開設キャンペーンはこちらをクリック

日本国内FX業者は呑み行為を行っているのか?金融庁の一斉調査で明らかに

FXトレードをする為には当然ですがFX業者を利用する必要があります。

そんなFX業者ですが顧客の注文処理についてはかなりブラックボックスな部分が多く、実際に僕たちのような個人トレーダーの注文はFX業者内でどのように処理されているのかわかりません。

その為…

トレーダー

国内FX業者のほとんどは呑み行為を行っている悪徳業者ばかりだ!

…なんていう話はよく聞きます。

しかし、実際のところはどうなのでしょうか?国内のFX業者は呑み行為を行っているのでしょうか?

今回は信憑性の高い「金融庁のデータ」を参照しながら、FX業者の呑み行為について詳しく解説していきます。

「呑み行為」とは何か?

「呑み行為」とは何か?

そもそも呑み(ノミ)行為とは一体何なのかと言うと、顧客からの注文をインターバンクに取り次がずにFX業者内で取引を成立させることです。

これだけだと少しわかりづらいと思うので、「競馬の馬券を買う」というシーンを例にして呑み行為を説明したいと思います。

顧客が業者に「1番の馬券を1万円分買ってくれ」と頼みます。

業者は顧客から馬券を購入する為の1万円を受け取り、顧客と業者間の取引が成立します。

しかしこの業者は実際には馬券は買わずに、顧客から馬券購入分として預かっていた1万円をポケットに入れます。

結局レース結果は1番はハズレで顧客は1万円の損失となったとします。

顧客側からすれば単純に1番の馬券を買ってハズレただけですが、業者側からすれば本来顧客が馬券を買う分であった1万円が利益になります。

つまり、顧客の注文を実際には取り次がずに業者内で処理をしたということになります。

これが「呑み行為」です。

このような呑み行為の場合、この例のように顧客の予想が外れた分が全て業者の利益になります。

しかし、中には実際に顧客の予想が当たることもあり、当たった場合は当然それ相応の配当を顧客にバックする必要があります。となると、仮に顧客のほとんどの予想が的中してしまうと業者は顧客にバックできなくなってしまいます。

つまりこのような呑み行為というのは「顧客の予想はほとんどの場合で外れる」ということが前提となって成り立っています。

FXの場合も構造は同じで、顧客の注文をインターバンクへ取り次がずに業者内で処理をすることができるわけです。

だから顧客が負けた分がFX業者の利益になると言われているわけです。

日本国内のFX業者は呑み行為をしているのか?

日本国内のFX業者は呑み行為をしているのか?

呑み行為については何となく理解して頂けたと思います。

では、実際に日本国内のFX業者は呑み行為をしているのでしょうか?

このあたりについては金融庁が過去に「外国為替証拠金取引業者に対する一斉調査」を行っているのでこのデータを参照しながらお話していきたいと思います。

データは2010年4月のものなので少し古いですが、それでもある程度の指標にはなるかと思います。

カバー取引の実施状況

「カバー取引」というのがいわゆるインターバンクへの注文の取次ということになります。

フルカバー一部カバー
73%27%

ということで、調査によればおよそ7割のFX業者はフルカバーであり、多くのFX業者はカバー取引自体はしっかり行っているということが言えそうです。

巷で言われるような「国内のFX業者のほとんどは呑み行為を行っている」というのとは少し違った結果かもしれません。

カバー取引の発注方法

個別取引ごと一定時間又は
一定額ごと
業者の判断
71%16%13%

カバー取引は個別取引ごとにされることが最も多く「71%」、一定時間又は一定額になったら行われるのが「16%」、そして業者の判断が「13%」となっています。

恐らくこの「業者の判断」というところはカバー取引を行っていない可能性もあるので、この13%は呑み行為を行っている可能性はあると言えます。

カバー取引の執行基準

自動的に執行業者の判断で執行
80%20%

80%の注文は顧客が注文を出すと自動的にカバー取引が執行されるようです。

しかし、20%の注文は「業者の判断」によって執行されたりしなかったりするようですので、恐らくこの20%の中からいくつかの注文はカバー取引されずに業者内で処理されている可能性もあります。

日本国内のFX業者の多くは呑み行為は行っていない?

さて、ざっとデータを見て頂きましたが、およそ7割~8割のFX業者は呑み行為を行わずにしっかりカバー取引をしているのではないか?というのがこのデータを見た僕の意見です。

巷で言われているように「ほとんどのFX業者は呑み行為をしている悪徳業者だ」というのは少し違う様な気もしますし、DD方式のFX業者でもしっかり顧客に寄り添った運営をしている業者は存在します。

とは言え、FX業者を信頼しすぎないようにすることも大切ですし、かといって疑い始めればどこまでいっても切りがありません。

もちろん、極論を言えばすべてのFX業者が業者内でどのような処理をしているのかは僕等にはわかる由もないので、どこまでいってもブラックボックスではあることには変わりはありません。

要するに「FX業者は基本的には呑み行為はやっていないところが多いけど、やろうと思えばできちゃうから注意して使っていこう」っていう程度で十分だと思います。

「DD業者だから呑み行為をやっている悪徳業者だ!」と簡単に決めつけてしまうのはやや頭の固い考え方かもしれません。

DD方式とNDD方式とは?どちらのFX業者がトレーダーにとって有利?

FX業者が呑み行為をするとトレーダーにはどのような影響があるのか?

FX業者が呑み行為をするとトレーダーにはどのような影響があるのか?

FX業者が呑み行為を行うことでトレーダーにはどのような影響があるのでしょうか?

ここではトレーダーにもたらす良い影響と悪い影響を紹介します。

トレーダーに対する良い影響

FX業者が呑み行為を行うということはインターバンクへの注文をしないということであり、その分FX業者は本来かかるはずの手数料を浮かすことができます。

その為、取引にかかるコストを削減することができ、結果的にスプレッドを狭く「原則固定」などにすることができるのです。

トレード時にかかるスプレッドによるコストを削減できるのがトレーダー側のメリットと言えます。

トレーダーに対する悪い影響

先ほども説明した通り、呑み行為を行うということは顧客の損失がそのままFX業者の利益になるということであり、顧客とFX業者が「利益相反」になるということです。

つまり、FX業者はビジネスとして利益を出すためにも「顧客にたくさん負けてもらう必要がある」わけです。

そうなると、トレーダーに対しては次のような影響が起こることも考えられます。

  • 不正にレートを操作される(スプレッドが不自然に開く)
  • 相場の急変動時に注文が出せなくなる
  • 注文がすべりやすくなる

あくまでも「悪徳なFX業者の場合は」ということが大前提ですが、可能性としてはこういったことが行われる可能性があります。

他のFX業者やインターバンクのレートと比較をするとレートに乖離がある場面が多かったり、相場の急変動時に注文画面が固まって注文及び決済ができなくなることが頻発したりする場合は注意しましょう。

呑み行為の無い安全な取引をするには

呑み行為の無い安全な取引をするには

国内のFX業者の7割~8割程度はしっかりとカバー取引をしているとは言え、それでも残りの2割~3割の確率で呑み行為をされる可能性があるのはやはり気持ちのいいものではないですよね。

できるだけ呑み行為の可能性を無くして安全に取引をする為には、なるべく信頼できる7割~8割のFX業者を選定するのもいいのですが、手っ取り早いのは「取引所取引」のFX業者を利用することです。

取引所取引と店頭取引
取引所取引とはマーケットメイク方式によってマーケットメイカーが提示した為替レートでの売買ができる取引所のことです。

これに対して店頭取引はFX業者と顧客とで相対取引を行う取引のことで、為替レートなども全てFX業者が決定します。ほとんどのFX業者が店頭取引に該当します。

現状、日本国内で取引所取引ができるのは東京金融取引所が行っている「くりっく365」のみです。

透明性を重要視したい場合はくりっく365を利用するのがおすすめです。

取引所取引ができるおすすめのFX業者

GMOクリック証券【くりっく365】は取引所取引なので非常に透明性の高いFX業者です。くりっく365の取引シェアも5年連続1位を獲得し、多くの方に支持されているおすすめFX業者です。

できるだけ透明性の高いFX業者を利用したい人は是非無料口座開設しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。