限定コンテンツはこちら

FX業者はどうやって儲けているのか?FX業者のビジネスモデルとは?

FXトレードをしていくのであれば、自分の大切なお金を預けるFX業者についてもしっかり理解しておく必要があります。

今回はFX業者はどのように儲けているのか?どのようなビジネスモデルなのかを具体的に解説していきます。

この記事について動画でも解説しておりますので、是非ご覧ください。

動画が見づらいという方は以下からテキストを読み進めて下さい。

ビジネスモデルはFX業者毎に異なる

ビジネスモデルはFX業者毎に異なる

ひとえにFX業者と言っても、実はFX業者毎にビジネスモデルは異なります。

FX業者は大きく分けて「DD業者」と「NDD業者」という二種類があります。

DD業者とNDD業者とは?
・DDとはDealing Desk方式の略で、FX業者内にディーラーを設置して顧客と直接取引をする方式のこと
・NDDとはNo Dealing Desk方式の略で、その名の通りFX業者内にディーラーを設置せずに顧客の注文をそのままインターバンクへ流す方式のこと

より詳しくは以下の記事をご覧ください。
DD方式とNDD方式とは?どちらのFX業者がトレーダーにとって有利?

この二つではビジネスモデルも異なります。

また、DD業者の中でも「内部マリー」というものを行う業者と行わない業者でもビジネスモデルは変わってきます。

内部マリーとは?
カバー先へ注文を流さずにFX業者内で顧客同士の注文を相殺すること
FX業者の種類内部マリービジネスモデル特徴
DD業者マリーする・マリーしたスプレッド分を収益にする
・顧客の損失も利益になる
・スプレッドを業者が決めれる
・固定スプレッドが可能
・収益はディーリングに左右される
・市場リスクを負う為、自己資本規制比率に影響する
マリーしない・マークアップ分が収益になる
・収益は出来高に比例
・スプレッドは変動する
・ディーラーを必要としない
・市場リスクを負わない
NDD業者マリーしない・マークアップ分が収益になる
・収益は出来高に比例
・スプレッドは変動する
・ディーラーを必要としない
・市場リスクを負わない

このあたりを踏まえつつ、一つずつビジネスモデル及びFX業者がどのように儲けているのかを解説していきます。

DD業者(内部マリーを行う)のビジネスモデルとは?

DD業者(内部マリーを行う)のビジネスモデルとは?

DD業者の中でも「内部マリーをする業者としない業者」ではビジネスモデルが異なります。

DD業者の中でも内部マリーを行うFX業者は本来カバー先へ流すべき注文を流さないで済むので、その分本来かかる手数料が浮きます。その浮いた手数料分も収益となります。

また、基本的に顧客とFX業者の相対取引となるので「一方が利益を出すと、一方は損失を出す」という仕組みとなります。これはつまり、「顧客の損失がFX業者の利益になる」ということでもあります。

つまり、DD業者でかつ内部マリーを行うFX業者は「マリーした分の手数料(スプレッド)」と「顧客の損失」が収益となるビジネスモデルであると言えます。

ちなみに、国内のほとんどのFX業者はDD方式かつ内部マリーを行います。

DD方式かつ内部マリーを行うFX業者の懸念点

DD方式かつ内部マリーを行うFX業者の場合、FX業者内にディーラーを設置する必要があります。

このディーラーでは顧客の注文を内部マリーするか、それともカバー取引を行うのかの判断を裁量で行います。

つまり勝ちそうな顧客の注文は素直にカバー取引を行い、負けそうな顧客の注文は内部マリーを行うことで、より収益を増やせるということです。しかし逆を言うと、大勝した顧客の注文をマリーしていた場合は、その分FX業者が損失を被ることになります。

どの注文をカバーしてどの注文をマリーするのかの判断は全てディーラーの腕に左右されることになり、結果的にディーラーの腕がそのFX業者の収益に直結することとなります。

これはつまり、為替市場の変動リスクを受けるということでもあります。

「市場リスクを負うビジネスモデルである」というのがこのビジネスモデルの懸念点となります。

NDD業者のビジネスモデルとは?

NDD業者のビジネスモデルとは?

NDD業者及び、DD業者の中でも内部マリーを行わないFX業者は基本的には「マークアップ分」が収益となります。

マークアップ分というのは要するに「手数料のこと」です。

NDD業者の場合は顧客の注文を内部で処理することなく、全てカバー先へ投げることになります。

そのカバー先へ注文を出す際に手数料を上乗せすることで、収益を得ているということです。

その為提示される為替レートに裁量的な部分が無く、透明性があります。

NDD方式のFX業者の懸念点

NDD業者の場合、マークアップ分が収益となる為、収益は全て「出来高に比例する」ということになります。

出来高が多ければその分収益も増えますが、出来高が少なければ収益も少なくなります。その為、顧客の数と出来高がある程度多くないとビジネスとして安定しないモデルです。

また、カバー先でシステム障害などが起きてしまった場合、顧客の注文も全て約定できなくなってしまうというリスクもあります。

ビジネスとして自然なのはNDD業者か

ビジネスとして自然なのはNDD業者か

誤解しないでいただきたいのは「DD業者は悪徳業者である」というわけではありません。

ただ、ビジネスモデルとしてより自然なのはNDD業者のように取引手数料で収益を得るモデルだと思います。

DD業者も顧客の取引コストを抑えてくれたり、顧客のリスクに対してなるべく安全になるような工夫などもしていますが、やはり顧客とFX業者との相対取引という仕組み上「為替レートの決定に対して裁量的な部分が排除できない」ということと、「顧客とFX業者で利益相反が起こること」は気になる部分ではあります。

FXとか関係なしに、ビジネスの本質として、顧客も業者もWin-Winであることが本来望ましいと思いますし、むしろそういったビジネスがどんどん伸びていくのだと思います。

そういった意味では比較的NDD業者の方がビジネスとしては自然であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。