Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
本気で勝ちたい人は今すぐコチラをクリック

FX初心者が自分に合ったトレードスタイルを選ぶ5つの方法

FXにはスキャルピング、デイトレード、スイングトレードなど様々なトレードスタイルがあるので、どんなトレードスタイルを選べばいいのか迷ってしまうFX初心者の方も多いと思います。

そこで、初心者の方が自分に合ったトレードスタイルを選ぶための重要な判断基準を5つご紹介致します。

ここで紹介する判断基準から是非自分に合ったトレードスタイルを見つけてみて下さい。

トレードスタイルとは?

トレードスタイルとは?

トレードスタイルとはトレードのやり方のことです。

数秒~数分という短い時間で取引を完結させて細かく利益を獲得していくようなスタイルの人もいれば、数日~数週間という長い時間をかけて取引を完結させて大きなトレンドを狙う人もいます。

このようなトレードのやり方の違いがトレードスタイルの違いということになります。

トレードスタイルにはざっと分類すると以下の4つがあります。

スキャルピング超短期的なトレードスタイル
デイトレード短期的なトレードスタイル
スイングトレード中期的なトレードスタイル
長期トレード長期的なトレードスタイル

それぞれのトレードスタイルの詳しい解説については以下の記事で書いておりますので、参考にしてみて下さい。

トレードスタイルは多種多様

トレードスタイルは「どのトレードスタイルだから良くてどのトレードスタイルだから悪い」ということはありません。

どのトレードスタイルにもメリットデメリットがあり、どれを選んでも正解も間違いもありません。

だからこそ初心者の方ほどトレードスタイル選びに迷ってしまうのだと思います。

大切なことは「自分に合ったトレードスタイルを確立する」ということです。

例えば「Aさんというトレーダーが〇〇という方法で1億円稼いだから自分も同じようにやってみよう!」と思って同じようにやろうとしても全く上手くいかないということはザラにあります。

それはたまたまそのAさんがAさんに合うトレードスタイルを確立していたのであって、それが自分自身にも合うかどうかはわからないのです。

「自分自身の性格や環境」がトレードに大きく影響してくる以上、Aさんと自分では合うトレードスタイルは異なってくるのです。

自分に合ったトレードスタイルを選ぶ5つの方法

自分に合ったトレードスタイルを選ぶ5つの方法

それではどのように自分に合ったトレードスタイルを選んでいけばいいのか、具体的な5つの判断基準を紹介していきます。

1.どのくらいトレードに時間を割けるのか?

例えば、1日中トレードに時間を割けるという人もいれば、毎日1~2時間しか時間がとれないという人もいると思います。

自分がどれくらいトレードに時間を費やせるのかによって適したトレードスタイルは大きく異なってきます。

1日中トレードができるという人であればスキャルピングやデイトレードなども可能ですが、1日の中で1時間程度しかトレードができないのであればスキャルピングやデイトレードは厳しく、非常に難易度が上がります。

あまり時間を捻出できない人は無難にスイングトレードや長期トレードの方が勝ちやすくなります。

1日あたりのトレードに割ける時間向いているトレードスタイル
4時間以上全トレードスタイル
3~4時間デイトレード、スイングトレード、長期トレード
1~2時間以下スイングトレード、長期トレード

これはあくまで個人的な目安ですので、必ずこのトレードスタイルでなければいけないというわけではありません。

あくまでも「このトレードスタイルなら勝ちやすくなるよ」という目安です。

個人的な感覚として、スキャルピングをやるのであれば1日の中で最低でも4時間程度はチャートを見れる時間が欲しいところです。

もちろん1時間でもスキャルピングはできるのですが、24時間相場が動き続けている中でたったの1時間たまたま自分が相場を見れた時間だけで無理やりスキャルピングをするのはかなり難易度が高く勝ちづらいと思います。

たまに「通勤前の数分間でスキャルピングで10pips抜いてきた」とか言っている人もいますが、もちろんたまたま勝つことはありますが長期的にそのスタイルで勝ち続けるのはかなり確率が低く至難の業だと思った方がいいです。

しっかりとスキャルピングで勝ち続ける人はその10pipsを抜くために1日中チャートに張り付いて「ここだというチャンスの場面を狙ってやっている」ということを忘れてはいけません。

2.何に精神的負荷を感じるのか?

トレードスタイルを選ぶ上で何気に重要な要素が「何に精神的負荷を感じるか」という部分です。

トレードはメンタルの影響を強くうけるので、自分の精神に負荷をかけずに「楽な状態」を保つようにすることはとても大切なことです。

トレード中に自分がどこに精神的負荷を感じるのかをしっかり把握して、その負荷のかからないようなトレードスタイルを選択するようにしましょう。

例えば、スキャルピングのように高い集中力と瞬発力が必要なスタイルは精神的に疲れてしまうと感じる人もいると思いますし、スイングトレードや長期トレードのようにポジションを持ち越すことが精神的負荷になってしまう人もいます。

自分がどこに対して精神的負荷を感じるのかをしっかりと把握し、負荷を感じる要素を極力排除していきましょう。

自分に合ったトレードスタイルというのは、言い換えると「自分にとって最も精神的負荷が少ないトレードスタイル」ということにもなります。

トレードにおいては「精神的に楽でフラットな状態を保つ」ことがとても大切になることを覚えておきましょう。

3.自分の性格に合っているか?

人それぞれ性格は違いますので「自分の性格上これは合わないな~」というスタイルも当然あるはずです。

ガマンが苦手な人、せっかちな人、のんびり屋の人、一つのことに集中してしまう人、集中力が続かない人、優柔不断の人、決断力のある人等色々な性格があります。

自分の性格とトレードスタイルの相性を合わせることは大切です。

トレードスタイル向いている性格
スキャルピング
デイトレード
集中力がある
決断力がある
熱中しやすい
気が短い
スイングトレード
長期トレード
のんびり屋
落ち着いている
優柔不断
気が長い

自分自身を一番よく知るのは自分自身ですので、 自分の性格ならどのトレードスタイルが向いているのか自問自答してみましょう。

4.どれくらいのトレード環境を準備できるのか?

どれくらいのトレード環境を準備できるのかによっても選ぶべきトレードスタイルは変わってきます。

例えばスマホ1台しか用意できないということであれば、スキャルピングやデイトレードは難しくなります。

スキャルピングやデイトレードを行うのであればせめてパソコンとマルチモニターは欲しい所です。

後はどのくらいの資金を用意できるのかによっても戦略は変わってきます。

資金が少ないうちは資金効率の良いスキャルピングやデイトレードを行ったり、逆に資金が多い場合はなるべくリスクのないように低レバレッジでスイングトレードや長期トレードをしたり「資金量」という面からもトレードスタイルや戦略は多少異なります。

資金面も含めて自分が今どのくらいの環境を準備できるのかによっても適切なトレードスタイルは変わってきます。

5.スワップポイントを狙うのか?狙わないのか?

あとはスワップポイントを狙うのか狙わないのかでも当然トレードスタイルは変わってきます。

スワップポイントがわからない方は『スワップポイントとは?初心者が知っておくべき全情報まとめ』をご覧ください。

スワップポイントを狙うのであれば当然スイングトレードか長期トレードを選ぶ必要があります。

スワップポイントを狙うのか狙わないのかハッキリさせた方がトレードスタイルには迷いがなくなります。

1度全てのトレードスタイルを試してみよう

1度全てのトレードスタイルを試してみよう

さて、自分に合ったトレードスタイルの選び方をお話してきましたが、最終的には1度全てのトレードスタイルを試してみるということも大切です。

どれだけ言葉で説明を受けても、実際に自分でやってみて体感してみないことにはわからないことはたくさんあります。

  • 「実際にスキャルピングをやってみたら思った以上に疲れた」
  • 「スイングトレードをやってみたけど、ポジションを持ち越したまま寝るのが不安でしょうがなかった」
  • 「思った以上に時間がなくてデイトレードはできなかった」

などなど、体感することで様々な感想がでてくると思います。

実際に体感→自分に合ったトレードスタイルを探す→実際に体感→自分に合ったトレードスタイルを探す→…

といった感じで何度も何度もブラッシュアップしながら自分にあったトレードスタイルを見つけるようにしましょう。

また、当然ですがトレードスタイルを試す際は余裕資金で、レバレッジを上げすぎないようにしてやりましょう。

間違ってもトレードスタイルを試している最中にハイレバレッジで負けて致命傷を負う様なトレードはしないようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。