Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

バイナリーオプションとは?仕組みやFXとの違い

FXなどの投資に興味がある方は「バイナリーオプション」というものも耳にしたことがあるかもしれません。

ここではバイナリーオプションとは何か?どのような仕組みでFXと何が違うのか?バイナリーオプションについての基本的なことをわかりやすく解説していきます。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは?

バイナリー(binary)は直訳すると二進法という意味で、オプション(option)はオプション取引のことを意味します。

オプション取引とは?

金融商品のデリバディブの一種で、あらかじめ決められた将来の期間において、特定の価格で取引をする権利のこと

つまり、バイナリーオプションというのは二者択一方式による為替のオプション取引という意味になります。

と、「二者択一方式による為替のオプション取引」なんて言われてもピンとこないと思いますので、もう少し簡単に説明していきます。

「二者択一方式による為替のオプション取引」 というのは、上記のように為替レートが100円の時に「100円よりも上がるか下がるかの二択を予想して当たれば資金が増えて、はずれれば資金を失う」というような取引のことです。カジノなどにあるトランプで行うHigh&Lowみたいな感じですね。

このトランプが通貨に変わったと思って頂ければわかりやすいかと思います。

バイナリーオプションの場合は為替レートなどを使ってあらかじめ決められた時間内における変動で上か下かを当てていくことになります。

バイナリーオプションの仕組み

バイナリーオプションの仕組み

バイナリーオプションは上がるか下がるかの二択を予想します。この予想が当たれば「購入金額×ペイアウト率」の配当を受け取ることができます。

例えば10,000円分購入をしてペイアウト率が1.8倍だった場合は

10,000円×1.8倍=18,000円

このような計算式となり、8,000円の利益が得られることになります。反対に予想が外れた場合は購入金額分が全て損失となります。

ペイアウト率は常に変化する

バイナリーオプションではペイアウト率が常に変化します。「さっきまで1.8倍だったのに、今は1.5倍になっていた」なんてことがあり得るということです。

なぜこのようなことが起こるのかというと、ペイアウト率を調整することでバイナリーオプション業者が自分たちの利益と損失の割合を調整しているからです。

例えば100人が全員10,000円分購入して全員の予想が当たったとします。この時ペイアウト率が1.8倍だったら100人全員に8,000円を払う必要があります。つまり合計80万円が購入者に支払われることになります。この80万円は一体どこからでてくるのかというと、バイナリーオプション業者が支払うということになるのです。

このように多くの購入者の予想が的中することが続くと、バイナリーオプション業者はすぐに経営破綻してしまいます。これを防ぐために予想的中者が多い時などはペイアウト率を下げて業者の損失を抑えるわけです。

例えばペイアウト率を1.5倍にすればバイナリーオプション業者が支払う配当は合計50万円で済みます。競馬などで人気の馬の倍率が下がるのに似ていますね。

なぜ高いペイアウト率を実現できるのか?

ペイアウト率が1.8倍だった際に予想が的中すれば10,000円で買ったものが数秒後に18,000円になって戻ってくるということがあるわけですが、なぜこの短時間で資金を1.8倍にまで増やすことができるのでしょうか?

普通にFXとして考えると、小さな為替レートの変動で得られる利益はいくらレバレッジを効かせても10,000円の投資では数百円程度にしかなりません。この8,000円はどこからでてきたのでしょうか?

これこそがバイナリーオプション業者から支払われるということになります。

バイナリーオプション業者はペイアウト率の調整をすることで予想的中者に対して配当を支払えるようにしています。仮にペイアウト率が1.8倍で的中率が二分の一だとすると、購入者がチケットを購入すればするほどバイナリーオプション業者は購入金額の2割が利益になるようにできているのです。

要するに顧客が購入すればするほど胴元であるバイナリーオプション業者は儲かるようにできているのです。その利益の一部を配当として予想が的中した顧客に支払っているのです。

バイナリーオプションとFXの違い

バイナリーオプションとFXの違い

バイナリーオプションとFXの違いがよくわからないという方もいますが、この二つは売買の対象が為替(正確に言うとバイナリーオプションは為替以外でも可)であるということ以外は全くの別物ですので混同しないようにしましょう。

 バイナリーオプションFX
時間制限有り無し
最大損失購入金額分上限なし
※ただし強制ロスカットシステムは有り
最大利益ペイアウト率による
上限有り
上限なし
税率20.315%20.315%
レバレッジ無し有り

時間制限がある

バイナリーオプションの場合は取引に時間制限があります。ある一定の時間で自動的に上か下かをジャッジされ、その結果によって損益が確定します。

FXの場合はどこで決済をするのかは自由ですので、時間制限はありません。

最大損失

バイナリーオプションの場合はチケット購入金額が最大損失となります。

これに対してFXは理論上損失に上限はありませんが、ただしほとんどの場合で
FX業者が用意している強制ロスカットというシステムがあるので、投資金額の約半分程度が最大損失となることが多いです。(※FX業者によって異なる)

FXは確かに自己資金以上の損失を被る可能性があるので怖い感じがしてしまいますが、ほとんどの場合で強制ロスカットが働くので自己資金は残ります。

これに対してバイナリーオプションは投資金額全てが損失となるので、リスクはバイナリーオプションの方が高いと言えます。

最大利益

バイナリーオプションの場合は「購入金額×ペイアウト率」が最大利益となります。これに対してFXでは利益に上限はありません。

ペイアウト率が1.8倍だとすると、10,000円分チケットを購入すると利益は8,000円ということになります。

FXの場合は利益に上限はありませんが、しかしその分時間はかかります。バイナリーオプションは数分などの短時間で取引が完了するのに対して、FXの場合は長いと数カ月や数年ポジションを持ち続けることもあります。

ですので、この辺りは単純に上限のあるなしで比較するのではなく、時間効率という概念と合わせて比較していく必要があるかと思います。

レバレッジ

バイナリーオプションは証拠金取引ではないのでレバレッジがありません。これに対してFXではレバレッジがあり、自己資金以上の取引をすることができます。

レバレッジについては以下の記事で詳しく書いていますので参考にしてみて下さい。

FXのレバレッジとは?仕組みを理解すれば怖くない

バイナリーオプションは勝てない?

バイナリーオプションは勝てない?

もちろん中にはバイナリーオプションで勝っている人もいるかもしれませんが、システム上個人は非常に勝ちにくくなっていると言わざるえません。

個人的にはバイナリーオプションをやるのであればFXをやった方がはるかに勝ちやすいと思います。このあたりについては下記の記事で詳しくお話していますので是非ご覧ください。

バイナリーオプションは勝てない?おすすめしない5つの理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。