Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
当ブログ限定特典付き!XM口座開設キャンペーンはこちらをクリック

外国為替市場とは?取引時間は?土日、祝日はどうなる?

FXを行っていくのであれば外国為替市場の基本についても理解しておきましょう。

ここでは外国為替市場についてわかりやすく解説していきます。

外国為替市場とは?

外国為替市場とは?

外国為替市場というのは「円」「ドル」「ユーロ」などの通貨が交換(売買)される市場のことです。

読み方は「外国為替市場(がいこくかわせしじょう)」と読みます。

そして外国為替市場は 大きく分けると「インターバンク市場」と「対顧客市場」の2つから形成されます。

外国為替市場を略して「外為市場(がいためしじょう)」などと言ったりもします。

インターバンク市場とは?

インターバンク市場とは世界中の金融機関同士で短期資金の貸借が行われる市場のことです。

外国為替市場全体の約7割はインターバンク市場で取引されていると言われていて、インターバンク市場の動向が為替レートの変動に強い影響を与えます。

この市場に参加できるのは金融機関のみで一般の投資家は取引に参加することはできません。

世界各国の銀行同士がバチバチやり合ってる場所っていうことですね。

インターバンク市場
インターバンク市場

ここでの為替レートが元になって一般投資家などにレートが提示されることになります。

対顧客市場とは?

インターバンク市場は金融機関のみが参加できる市場だったのに対して、対顧客市場は機関投資家、企業、個人投資家などの顧客と銀行が取引をすることができる市場です。

対顧客市場
対顧客市場

実は対顧客市場では銀行の利益を上乗せしたレート(日本の銀行では1ドルにつき+1円)での取引が行われます。

なので、僕達個人投資家も含めて、ここで取引をするだけで銀行は儲かるようにできています。

非常によくできたビジネスなんです。

なぜ外国為替市場が存在するのか?

なぜ外国為替市場が存在するのか?

外国為替市場が存在する理由は異なる通貨の交換が必要となることがある為です。

「異なる通貨の交換が必要になる」というのは、身近な例でいうと、海外旅行に行く際にその国の通貨が必要になりますよね。

海外では基本的には円が使えませんので、その国に対応している外貨に両替する必要があるわけです。

他にも輸入を行う企業等は、海外から買い付けをする為に外貨が必要になったりします。

仮に外国為替市場がなければ海外にもいけませんし、グローバルなビジネスもできません。

こういった様々なニーズを満たすために外国為替市場が存在するのです。

取引時間や休日はいつ?土日、祝日、年末年始の外国為替市場はどうなる?

取引時間や休日はいつ?土日や祝日、年末年始の外国為替市場はどうなる?

外国為替市場は世界中に市場があるので平日であれば24時間取引ができますが、土日はお休みとなります。

FX業者によって細かい部分は異なりますが、基本的には市場は月曜日の午前7時ごろから土曜日の午前7時ごろまで開いています。

土日もやっている市場がある

バーレーン市場に関してはイスラム圏なので金曜日がお休みとなり、土日が平日となる為土日でも例外的に市場が開いています。

ただし、そこまで取引高は多くないので為替市場に与える影響は大きなものではありません。

午前7:00頃~24時間24時間24時間24時間午前7時頃まで休み

外国為替市場は基本的には祝日でも開いていますが、全世界で共通してお休みなる「1月1日の元旦」と「クリスマス」だけは市場がお休みとなります。

ただし、クリスマスに関しては終日休場になるわけではなく、多くのFX業者では「14時~16時頃まで」の営業になります。

外国為替市場はどこにあるの?場所は?

外国為替市場はどこにあるの?場所は?

外国為替市場は東京、ニューヨーク、ロンドンなど世界中に市場があります。

主な市場は以下の通りです。

ハイライトされているところが市場が開いている時間帯

世界中に市場が存在するわけですが、中でも特に取引高が多いのが「ロンドン」「ニューヨーク」「東京」の3つの市場です。

この3つが世界の三大市場とも呼ばれています。

また、よく勘違いしがちなんですが、外国為替市場なんていうと株式の東京証券取引所みたいにどこかに取引所がありそうな感じもしてしまいますが、実は外国為替市場に特定の取引所はありません。

あくまで「その国の金融機関が開いている時間帯」が外国為替市場が開いている時間ということになります。

外国為替市場の規模

外国為替市場の規模

国際決済銀行(BIS)が中央銀行の協力のもと3年ごとに発表している取引高では、2016年時点での外国為替市場の取引高は1日あたり640兆円以上になります。

為替市場は非常に大きな市場であると言えます。

外国為替市場を大きく動かす銀行の動き

外国為替市場を大きく動かす銀行の動き

為替相場を動かす要因は様々なものがありますが、特に外国為替市場に特に大きな影響を与えるのがインターバンク市場での取引です。

すなわち「世界各国の銀行の動き」が外国為替市場に大きな影響を与えるということです。

だからこそ、米FOMC政策金利発表や日銀金融政策決定会合といった指標発表が非常に注目されるわけです。

銀行が今後の金利の方針について決めるわけですから、この発表が為替市場に与える影響も非常に大きなものとなるのです。

中央銀行の動きに注目

世界各国には中央銀行というその国の金融システムの中核をなす特別な銀行があります。

この中央銀行の動きこそが外国為替市場に非常に大きな影響を与えます。世界の主な中央銀行は以下のようなものがあります。

日本日本銀行
アメリカ連邦準備制度(ERS)
イギリスイングランド銀行
EU諸国欧州中央銀行(ECB)

中央銀行の指標発表には注目をしておきましょう。

中央銀行について更に詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。